2010年06月16日

荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)

 荒井聡国家戦略・消費者担当相の政治団体が事務所実態のない都内の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届け出ていたとされる問題。荒井氏は9日午後、東京・霞が関の内閣府で新旧大臣の「挨拶式」で職員に訓辞したが、問題については語らなかった。

 荒井氏は、菅直人首相の「政治主導とは官僚の排除ではない」との話をひきながら、「みなさんと一緒に、活力ある成長と消費者が安心して暮らせる日本をつくるため、頑張っていこうではありませんか」と呼びかけた。あいさつ終了後は、無言で足早に立ち去った。

 荒井氏は9日未明の初の閣議後会見で、政治とカネの問題について、「入るお金がちゃんと計上されているか、出ているお金が適正に使われているかどうか、偽りがないかが一番大事ではないかと思う」と述べていた。

【関連記事】
荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判 
仙谷官房長官、公務員改革は「放り出し」
仙谷官房長官、公務員改革の熱意どこへ…大言壮語“放りだし”
野党4党が「政治とカネ」集中審議要求で一致
「政治とカネ」の小林議員にヤジ 「菅さん頑張って」と石川議員
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
火災 住宅全焼で夫婦?死亡 浜松(毎日新聞)
東京の女性はキレイ好き!? 世界の洗濯事情(Business Media 誠)
民家に居直り強盗 大阪・岸和田(産経新聞)
<南アW杯>ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
posted by タニモト マサハル at 17:41| Comment(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

幸夫人「厳しい決断だった」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)

 鳩山由紀夫首相(63)は2日、退陣を表明した。ファーストレディーとして注目を浴びる一方、ことあるごとに首相を元気づけてきたのが妻の幸さん(66)だ。首相に対し、「お疲れさま」のメッセージを送った。

 「鳩山は『国民の命を守る』ということをまず一番に訴えて昨年の選挙を戦い、総理にさせていただいてからも、常にどうしたらそれを実行できるかを考えていました」と幸さん。その仕事ぶりは「夜公邸に戻って深夜に及ぶ毎日でした。そこは傍らにいる私には痛いほどわかるだけに、今回の決断は厳しいものだったと思います」とした。

 幸さんが決断を聞いたのは2日朝。「決断は、参院選挙に勝ち、鳩山が考える『友愛の社会』を実現するためのものだと信じています。今はとにかく『お疲れさまです』と言いたいです」と、夫をねぎらっていた。

 【関連記事】
鳩山来留夫、紅白落選して似幸夫人の胸で号泣
「鳩山夫妻」M−1の1回戦を突破!「友愛の精神で優勝」だ!!
鳩山首相“友愛授与式”に朝青龍メロメロ

子ども手当申請で職員に暴行=男逮捕、「制度おかしい」―滋賀県警(時事通信)
前原氏も出馬せず菅氏支持(産経新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)
<日本芸術院賞>天皇、皇后両陛下迎え授賞式(毎日新聞)
寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)
posted by タニモト マサハル at 20:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。