2010年05月13日

民主・社民統一候補が出馬断念=参院沖縄(時事通信)

 参院選の沖縄選挙区で、民主、社民の両党県連が統一候補として擁立を模索していた地域政党、沖縄社会大衆党の喜納昌春委員長は10日までに、出馬を断念する意向を固めた。民主党は今後、新たな候補者の擁立を急ぐが、難航は必至だ。
 喜納氏は同日、出馬断念の理由について「わたしは普天間飛行場の県内移設に反対する立場。民主党本部との違いがはっきりした」と述べ、鳩山由紀夫首相が沖縄県で、米軍普天間飛行場の県内移設を表明したことを挙げた。
 前回参院選で、民主、社民、共産3党の各県組織と社大党は、同選挙区に統一候補を擁立して当選させた。民主、社民両県連と社大党は今回、当選後特定の会派に属さないことを条件に、統一候補を擁立することで合意。ただ、民主党本部は、当選後の民主会派入りを求めていた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合(医療介護CBニュース)
<トキ>卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
死亡装い5400万詐取=容疑で3人逮捕−警視庁(時事通信)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
年金制度改革に意欲=舛添氏(時事通信)
posted by タニモト マサハル at 08:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。